河野としのり
河野としのりプロフィール 河野としのりの決意 県議会報告 アンケート
インフォメーション

 平素より温かいご支援を河野としのりに戴き心より感謝申し上げます。先の定例県議会では、新たに県の救急医療センターが美浜区の幕張の浜の精神科医療センター横に、両センターが一体となって整備される計画について、河野としのりは、「東日本大震災から5年8か月が経った。昨年の4月には150名近くの犠牲者を出した熊本地震が起き震度7を記録した。昨年6月、政府の地震調査委員会が、今後30年以内に地震で震度6弱以上の揺れに襲われる確率は、千葉市が85%と全国1位とする『全国地震動予測地図』を公表した。これは千葉市にとって大変な衝撃である、地震に備える準備は隙を作る事無くしておかねばならない。災害医療の観点から、施設の整備をどのように考えているか」と質問した。それに対し千葉県病院局長は、「県救急医療センターは、震災等の災害発生時に、被災地から重症患者を受け入れたり、DMAT(災害急性期に機動性を発揮する専門的な訓練を受けた災害派遣医療チーム)の派遣を行うなど、災害拠点病院としての役割も担っていく。千葉市の震災リスクのご指摘があったが、そのリスクがあるからこそ、有事の際は、そこにお住まいの皆さんの命を守り救う堅固な施設が必要です。新たな施設は、自然災害だけでなく、大規模事故災害など、さまざまな都市型の災害にも対応ができる『災害医療センター』として機能することを目指す」と答えました。
 更に河野としのりは、「特に災害医療について地元美浜区の地域に、どのような貢献が出来るのか」との質問に対し、千葉県病院局長は「救急医療センターでは、様々な災害を想定した訓練を行っている、例えば、美浜区内で大型バスを含む多数の車両の衝突事故が発生したことを想定して、市立海浜病院や美浜消防署と共同で負傷者を救助治療する訓練などもして来た、災害への対応は日々の備えがとても大切です。新たな施設の整備後は、施設の機能を活かし、地域の防災組織と連携した訓練の実施など考えていきたい」と答え、積極的に地元域美浜区へ貢献する事を応えてくれました。これからも、河野としのりは、防災を常に考え、災害医療についても美浜区民の為に確り準備を整えて行きます。皆様のご意見をお寄せください。

 私の活動の一端でございます最近の議会での質疑応答は、インターネットで下記のアドレスを開けばビデオを見ることが出来ます。
http://www.gikai.pref.chiba.lg.jp/?tpl=speaker_result&speaker_id=297
どうぞご覧になってご意見・ご要望を頂ければ幸いに存じます。
 今後とも変らぬご指導を何卒よろしくお願い申し上げます。


今までの河野としのりの県議会での様子は映像と質疑応答の全文が
県のホームページ(http://www.pref.chiba.lg.jp/)の
「千葉県議会」の欄に掲載されています。

皆様のご意見を是非、「河野としのり」までお寄せ下さい。 → ご意見はコチラ
ご意見やご要望がありましたら、コチラからお気軽にメールをお送り下さい。
尚、皆様から頂戴したメールは全て読ませて頂いていますが、件数が多い場合、個別 にお返事を差し上げることが出来ない場合があります。 ご了承ください。
「こうのとり通信」で、全般的にお答えをさせて頂くことがあります。ぜひご覧下さい。

河野としのりプロフィール河野としのりの決意県議会報告アンケートメール

河野としのり事務所 〒261-0013 千葉市美浜区打瀬 1-2-2 セントラルパーク・イースト F棟1305
TEL.043-211-0024 FAX.043-211-0065
www.t-kohno.com