河野としのり
河野としのりプロフィール 河野としのりの決意 県議会報告 アンケート
インフォメーション

 平素より温かいご支援を河野としのりに戴きまして心より感謝申し上げます。
 最新の県政に関する世論調査によりますと、「今後、県に力を入れて欲しい医療」として、「がん医療」が34%と突出して多く、多くの県民が「がん医療の充実、進化」を求めています。
 がん医療は、日進月歩するがん研究と密接に結びついています。特に現在では、狙った遺伝子を正確にピンポイントで操作できるゲノム編集技術の応用が世界的に広がっています。そして、その技術を使った「ゲノム医療」は、がん医療も革命的に変えて行くと今大きく注目されています。
 先の定例県議会で、河野としのりは、千葉県がんセンターで研究が進んでいます免疫システムを活用したゲノム治療の研究について、その取り組み強化を訴え質問致しました。それに対し千葉県病院局長は、「千葉県がんセンターでは、遺伝子に作用してがん細胞が免疫細胞の攻撃から逃れる働きを阻害するとともに免疫機能を活性化させ、がん細胞を消滅させる化合物の開発を行い、昨年、特許出願を行った。今後、この研究が将来的に実用化される様に、製薬会社などによる臨床での安全性、有効性の検証等に必要な協力、支援を行っていく」と答えました。
 また、河野としのりは、「遺伝子制御を行うエピゲノムを制御する事により、がん細胞の増殖をストップする」という最新の研究についても、その取り組み強化を訴え質問致しました。千葉県病院局長は、「エピゲノムは遺伝子の働きのオンとオフを切りかえるスイッチの役割を果たしている遺伝情報ですが、このエピゲノムが異常に作用することが、がんが発生する原因の1つと考えています。エピゲノムの作用を制御し、がん発生にかかわる遺伝子の機能をコントロールすることでがんの治療につなげたい、この技術が薬剤など、がんの新たな治療法として実用化につながるよう、着実に研究を進めていきたい」と答えてくれました。
 これからも、河野としのりは、医療について常に考え、がん医療についても、県民に最新のがん医療を施せるように医療の充実と進化を訴えて行きます。
 皆様のご意見をお寄せください。

 私の活動の一端でございます最近の議会での質疑応答は、インターネットで下記のアドレスを開けばビデオを見ることが出来ます。
http://www.gikai.pref.chiba.lg.jp/?tpl=speaker_result&speaker_id=297
どうぞご覧になってご意見・ご要望を頂ければ幸いに存じます。
 今後とも変らぬご指導を何卒よろしくお願い申し上げます。


今までの河野としのりの県議会での様子は映像と質疑応答の全文が
県のホームページ(http://www.pref.chiba.lg.jp/)の
「千葉県議会」の欄に掲載されています。

皆様のご意見を是非、「河野としのり」までお寄せ下さい。 → ご意見はコチラ
ご意見やご要望がありましたら、コチラからお気軽にメールをお送り下さい。
尚、皆様から頂戴したメールは全て読ませて頂いていますが、件数が多い場合、個別 にお返事を差し上げることが出来ない場合があります。 ご了承ください。
「こうのとり通信」で、全般的にお答えをさせて頂くことがあります。ぜひご覧下さい。

河野としのりプロフィール河野としのりの決意県議会報告アンケートメール

河野としのり事務所 〒261-0013 千葉県千葉市美浜区打瀬 1-2-2 セントラルパーク・イースト 幕張タワー305
TEL.043-211-0024 FAX.043-211-0065
www.t-kohno.com